772円 木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ 【A4】レイメイ藤井/ブラックボード アンティーク 卓上タイプ A4(LPT184)黒板アート 看板 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 プレゼンテーション用品 黒板 木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ,bakkenrecord.org,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , プレゼンテーション用品 , 黒板,/outsuitor2011850.html,アンティーク,【A4】レイメイ藤井/ブラックボード,772円,卓上タイプ,看板,A4(LPT184)黒板アート 木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ,bakkenrecord.org,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , プレゼンテーション用品 , 黒板,/outsuitor2011850.html,アンティーク,【A4】レイメイ藤井/ブラックボード,772円,卓上タイプ,看板,A4(LPT184)黒板アート 772円 木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ 【A4】レイメイ藤井/ブラックボード アンティーク 卓上タイプ A4(LPT184)黒板アート 看板 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 プレゼンテーション用品 黒板 木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ A4 最大66%オフ! レイメイ藤井 ブラックボード アンティーク 看板 黒板アート 卓上タイプ LPT184 木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ A4 最大66%オフ! レイメイ藤井 ブラックボード アンティーク 看板 黒板アート 卓上タイプ LPT184

木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ A4 最大66%オフ レイメイ藤井 限定モデル ブラックボード アンティーク 看板 黒板アート 卓上タイプ LPT184

木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ 【A4】レイメイ藤井/ブラックボード アンティーク 卓上タイプ A4(LPT184)黒板アート 看板

772円

木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ 【A4】レイメイ藤井/ブラックボード アンティーク 卓上タイプ A4(LPT184)黒板アート 看板







ブラックボード アンティーク 卓上タイプ A4

アンティーク仕上げの小さいブラックボードでお店を演出。
ディスプレイのアクセントに。店内でのちょっとしたアピールに。ミニサイズなので気軽に使える。角度調整自由自在。

マーカーとチョークに対応しているブラックボード。水拭き消字。
マグネットも使用可能なため、ちょっとしたメモや飾り、写真を貼り付けることができる。
つや消し仕上げで文字が見やすい。

本体サイズ W210×H297×D5mm(スタンド含まず)
本体重量 285g
付属品 ボード面:スチール(つや消し仕上げ)、フレーム:合板、スタンド:合板・スチール
関連商品・A6
・A5
・A4

木の素材を活かしたおしゃれなアンティーク仕上げ 【A4】レイメイ藤井/ブラックボード アンティーク 卓上タイプ A4(LPT184)黒板アート 看板

フロアマップをクリックすると展示内容が表示されます

「北大の歴史」

北海道大学は、明治9年(1876年)に札幌農学校として始まりました。東北帝国大学農科大学、北海道帝国大学を経て、昭和22年(1947年)から北海道大学となり、現在の組織体制が築かれました。ここでは札幌農学校以来の本学の歴史を展示しています。また受け継がれてきた通底する精神と、先人たちの偉業を紹介します。

保存

詳細を見る
「北大のいま」

ここでは北海道大学の現在の姿を紹介します。「挑戦する北大」では一押しの研究を、「北大の学び舎」では人文・社会・自然科学を網羅する全12学部の教育と研究をご覧いただきます。そして「探究する北大」では北大の研究所やセンター等の魅力を紹介します。

詳細を見る
感じる展示室

感じる展示では、五感をつかった体験を楽しみながら、モノへの興味や関心を深めていただくことを目指しています。展示物や引き出しの中にある標本は、自由に手に取って観察することができます。自分の気になるモノを見つけたら、手で感じて、目で感じて、耳で感じて、じっくりと向き合ってみましょう。心を動かすような発見があるかもしれません。

詳細を見る
収蔵標本の世界

札幌農学校時代からの長い歴史の中で、北海道大学には実に400万点にのぼる標本や資料が蓄積されてきました。北海道大学総合博物館にはこのうち約300万点の標本・資料が保管されており、その一部を公開しています。標本と資料がもつ“訴える力”にご注目ください。

詳細を見る
ミュージアムラボ

ミュージアムラボでは,土器の修復作業,教材開発,隕石の分析,化石のレプリカづくりなど,博物館のバックヤードの一部をご覧いただけます.

詳細を見る